教室経営・見直し・改善のタイミングとは

こんにちは、上原まり子です。

 

大人になると、子供時代のゆ〜っくりな時の流れ・・は何処へやら

いつも時間に追われ

時間がない

欲しいものは時間・・・

と忙しくなりますね。

 

教室を既に経営しながら

新しいことをしたい

改革したい

そうお考えの方は多いのですが

 

実際、「時間と余裕」がないから着手できない!

やりたい、変えたいと思うばかりで何年も過ぎ・・・

という人が多いのです。

 

今日ご紹介する生徒さまもそんなお一人でした。

 

逃げ道を断つ!

西八王子アンチエイジングレストラン ハレノヒ食堂

(マクロウタセご入会プレゼントのレストランガイドにも今期から掲載!)

&料理教室主催

小俣由枝さま

 

omata yoshiesan

 

一人きりで切り盛りするレストランは

買い出しから掃除、仕込み、接客と

想像しただけでも汗が出るくらいの忙しさ。

しかも人気で常に予約でいっぱい。

 

それと同時に教室もやっていくのは気力体力ともに至難の技。

 

このままでは歳をとってからも続けられない・・

もう、体力も持たない・・

こんなに忙しいのに収入が見合わない・・

 

根本から見直さないと継続が難しい

と判断して来られたよしえさんは

明るく素敵な方ですが、やはり最初はお疲れのご様子でした。

(無理もありません!本当にハードワーク)

 

自営業でほぼ一人で回している人に何より足りないのは

じかんです。

 

ですから仕事を見直し、整理、不要なものを捨てたり

まとめたり作り直したりという作業が必要

そして今後の効率化は重要なポイントです。

 

でも、時間がないから無理・・

無駄、不効率を見て見ぬ振りをして続けてしまう・・

 

そんな状況をストップするには、もう

第三者の手を入れる!のが一番なんです。

 

ズバッと切り込んでもらうこと。

そのための時間を作ること。

約束(課題、期日、締め切りなど)を作ること

 

一人だから「なし」にしていたそれらをフィクスすることで

流れが作れるようになります。

 

忙しいのに勉強したり

コンサルティングを受けたり

相談したり課題を出したり

もっと忙しいじゃないの!

 

と言われればイエスですが

その期間を作らずして改革は難しい(実際長年無理であった・・)

のですから、

やはり思い切ってここは自分を追い込むタイミングです。

 

やめてしまおう

あとでいいや

やっぱり無理かも

 

一人なら逃げ道がすぐに用意されますが

 

場所がある(勉強する場)

相手がいる(指導者など)

 

と、簡単に逃げられない^ー^

これ、大事なんですよね(ありがたいんです)

 

 

さて、本当にご多忙な中、

長く幸せに経営を続けていきたい

無理なく軌道修正したい 

収入も見合ったものにあげたい

といらした小俣さんからご感想をいただいております。

 

 

生徒様からのご感想

この度は、マクロウタセのビジネスクラスを受講させていただき、

本当にありがとうございます。

仕事がバタバタとした半年間、気持ちの上で、

まり子先生には幾度も火をつけていただきました。

 

このクラスを受講させていただいたお陰で、

成功している人は、陰ながら人の何倍も努力している!

ということを知り、周りのみなさんも

ひとつのことに対しての準備を惜しまない

ということを知りました。

 

自分の仕事に対しての甘さも見え

ひとつひとつやっていくこと、

コツコツと準備していくことの大切さが

ようやくわかった気がします。

 

自分だけでは、足踏みしたまま分からないでいたこと、

これからの方向性が見え、それと同時に勇気が出て、

人生の岐路をようやく進んでいくことが出来そうです。

 

そして、一番のギフトは、一緒に学ぶ仲間がいてくれたこと。

素晴らしい仲間たちの意欲に触れ、

自分も頑張ろうと、気持ちの上で

とても支えられたことは本当にありがたいことです。

 

一生の財産と言ってもいいと思います。

 

これからも刺激をもらい与えながら、

頑張っていけたらいいなと思います。

 

人生はワンチャンス。

ここで得た学びを生かして、これからも走っていく所存です。

本当にありがとうございました。

 

 

貴女もステージアップの第一歩へ

チャンスは自ら作る、そして掴むもの。

1回を大事にできたら

また次のチャンスもやってきます。

 

どうぞ、今のお教室のステージアップの第一歩

思い切って踏み出されてくださいね。

 

 

本気で応援します。

 

教室講師の経営ステージアップはこちらから

https://daidokorokakumei.com/?p=3391