自分の教室に集まる方のニーズを読み取る

こんにちは、上原まり子です。

 

昔知っていたお料理系の教室で

こんなところがありました。

 

なるべく身軽でどうぞ!

エプロン貸し出ししています(100円)

ネイルをされている方には手袋もございます

(使い捨て50円)

 

この教室にはどんな方が多くいらっしゃるのでしょうか?

 

生徒様 ニーズ 応える 集客

 

自分の教室に集まる方の
ニーズを読み取る

平日昼間に参加の

近所のマダム、主婦層なら・・・

 

きっと、エプロンを借りる必要ないですね。

ご自分で好きなものを持ってくるでしょう。

 

きっとこの教室の近くで働くOLさん達

お集まりなのではないでしょうか。

 

荷物は減らしたい

ついでに洗濯物も減らしたい

 

それを100円?150円で

 

高いと思うか

安いと思うか    

 

主婦ならエプロンを持って来るくらい何でもないのだから、

それは節約したい部分

 

OLさんなら、会社の荷物+習い事で

たくさんの荷物は通勤ラッシュでも大変。

極力減らしたい。

 

その場合便利な貸し出し制度は

100円でも安いかもしれませんね^^。

 

実際そのお教室は赤坂周辺

通う方も会社勤めの若い方が多かったですね。

 

まとめ

ニーズに応える、のも

誰にでも応えるではなく

自分の教室に集まる方に集中して!

という良いお手本でした^^。

 

あなたのお教室のヒントになることはありましたでしょうか?