レッスンにノート(メモ)を取る時間を!

こんにちは!上原まり子です。

 

あなたのレッスンでは、生徒様が

ノート(メモ)を取る時間はありますか?

 

先生によっては、

「書く事に集中してしまい、耳が不在になりがち。

 ノートは取らないでいいから話を聞いてほしい」

と言われる方もいらっしゃいますよね。

 

それも一理あります。

 

でも・・・

私のレッスンで、時々

レシピをお忘れになる方がいらっしゃるのですが

そんな時、皆様が細かくメモを取られていることに気付きます。

 

レッスンに
ノート(メモ)を取る時間を!

・説明した事

・レッスンで実際にお見せした物

 (野菜の切り方や盛りつけ、その他)のスケッチ

・ちょっとしたアイデア、工夫(これもお伝えしている事)

など

印刷されていない、生のレッスンならではの学び

大なり小なりたくさん書き込みされています。

 

ああ、これは宝物になるよなあ〜って、

思うことが多々あるのです。

 

これを書いているときの生徒様は真剣。

 

もっと上手になろう

段取りよくしよう

美味しく作ろう

おうちでしっかり復習しよう

 

そう思うからこその、メモですね。

 

その気持ちがとても、上達には必要ではないでしょうか。

 

レッスン 教室業 メモ ノート 時間

 

もし、至れり尽くせりで、

ポイントの事細かまで全て印刷されていたら・・・

 

あとで見れば良いや、と

レッスン中は力が抜けてしまうことだってあるかもしれません。

 

メモを取る習慣のある人は仕事が出来る、と言いますが

レッスンでも、ぜひ、ちょっとの時間でも良いので、

生徒様にメモの時間を用意して差し上げてはいかがでしょうか?

 

まとめ

私は、皆様が書きやすいよう

プラスチックの下敷き(クリップつき)をお貸ししていますよ!

(木製や紙製もおしゃれなのですが

 濡れたりすることが気になるのでプラスチックにしています)