講師業:あえてアドバイスしない

こんにちは!上原まり子です。

 

時間もお金も使っていらしてくださる生徒様。

 

その生徒様の

役に立ちたい

きちんとお返しをしたい

そう思うのが講師として当然のこと。

 

だから

沢山のものをお渡ししよう

必ずアドバイスを毎回して差し上げよう

これも、間違いではありません。

 

講師業:あえてアドバイスしない

でも、生徒様の様子を見て

無言でいること

を選ぶことも出てきます。

 

アドバイスをしない、ということです。

 

講師業 教室業 アドバイス

 

あきらかに

 

この人は今アドバイスがいらないなあ、と感じるとき。

今声をかけると負担になるかな、と感じるとき。

今は見守り、待っている方が良さそうだ、というとき。

 

それらを見極めることは難しいですが、

できるだけその人を

観察する

コミニュケーションを普段からとる

ことで想像することが大事です。

 

まとめ

決して、無視ではなく

待ちの姿勢であるということ。

 

愛あるウェイティング!

も取り入れてみましょうね^^