講師に必要な能力「段取り力」とは?

こんにちは、上原まり子です。

 

講師に必要な能力、たくさんありますが・・・

今回は、一つだけお話しします。

 

生徒様より、ずばぬけて突出するべき力は・・・

扱うジャンルにおいての

「段取り力」

です。

 

講師に必要な能力「段取り力」とは?

生徒さんが、1つブーケを作っている間

先生は3つくらいは完璧にできていたり(お花)

 

生徒さんが料理を3品作っている間

先生は片付けも完璧に、+αの料理まで完成している

 

こんなふうに作業が早く、しかも完成度が高い。

その段取り力はどうやってできるのでしょうか?

 

 

何より

 

普通の方と比べて

何倍も何倍も、練習をして

積み上げて来た力

 

何度も経験を重ねた事で分かった

コツ、ポイント、力を入れる場所と抜く場所

 

次にこれをしたら便利、速い、同時にこれができる、

先を見通す力

(これはやはり経験でだんだんと作られる事が多い)

 

こんな段取り力は、言葉でお伝えもしたいですが、

やはりレッスンで生徒さんが直接先生の動きを見ることにより

一番納得され、参考にしようと思っていただけるところです。

 

まとめ

生徒さんと同じスピード、同じ段取りでは

まだまだ、ということ。

 

さすが先生!

もう次をやっている、同時にこれもやっている

すごいなあ〜〜〜

 

そう思われるような段取り力つけて

使っていきましょう!