値付けに自信を!値段を上げる理由を考えましょう

こんにちは!上原まり子です。

 

レッスン料金の決め方、値上げの方法については

随時質問がきますので

前回の「レッスン料の値段は自信に現れる」に続き

今回もそのお話をしますね。

 

値上げする、または

他の教室より高くする理由

 

それは講師の「自信」

・・ということを前回もお伝えしました。

 

さて、その自信はどこからくるのでしょうか

 

値付けに自信を!
値段を上げる理由を考えましょう

ご自分の今までの学び、経歴、他人からの評価・・・

じっくりじっくり考えてみましょう。

 

ピアノの先生だったら

小さなころから楽譜は嫌いだった、でも耳コピーが得意だった

 

としたら、楽譜が嫌いな子の気持ちが分かります。

 

楽譜を読めなくてもいいレッスンを作る?

それより絶対音感を育てるレッスンにする?

自由な、今までにない音楽遊びのレッスンを組み立てる?

 

・・・色々なアイデアが浮かんできますね。

 

 

華道の先生だけれど、いつも書を(も)褒められる。

お茶の時に使うマットは手作り。

筆でさらっと書いた絵と文字がすばらしいと、

その紙を持ち帰られる生徒様が多数。

 

それをレッスンでもお伝えしたら?

 

お花プラスαのレッスンになるので料金もその分アップ?

 

自分では当たり前のちょっとした特技や経歴が

他から特別に褒められる、教えてほしいと思われる。

 

このようにニーズがある場合は

レッスンに加え、上乗せできますよね。

 

まとめ

どこよりも確実に生徒様を変えられる!

という自信でもいいと思います。

 

塾でいえば、

東大進学率が高い塾のほうが

一般の塾より高額で納得!ですよね。

 

貴方が、より強い部分結果を出せる部分

を掘り下げてみましょうね!