元気の塊!雑穀は何種類入れたらパーフェクト?

こんにちは!

働く女性の夢を叶える食事法の伝道師、

上原まり子です。

 

今回は、人気の「雑穀」に

ついてお話しますね。

 

雑穀は何種類入れたらパーフェクト?

 

日本人が長いこと食べてきたものは、

私たちの体に合うものが多いです。

 

玄米と同様、雑穀もすばらしい食物。

 

外側を削ったりしない完全な状態ですので、

栄養素もたっぷり、おすすめの

全粒穀物です。

 

雑穀

 

今は白いごはんに

雑穀をいれて炊くのがヘルシー、

ということはだいぶ浸透していますね。

 

20年前は五穀米でも贅沢な感じでしたのに、

今は十六穀米というのもよく見かけます。

 

初めての生徒様にも、

「何種類いれるといいのでしょう」

とよく聞かれます。

 

私の答えは・・・

「1種類を入れてください」

です。

 

なりたい自分になるのはどんな食べ方?

 

雑穀は栄養豊富、とてもパワフルな食材

 

江戸時代の飢饉のときも

その繁殖力は衰えず、

米がとれなくても雑穀が実り、

人々はこれで生き延びることができました。

 

You are what you eat.

食べたもののように、人はなる。

 

パワフルなものを食べると自分も!

でしたね。

 

雑穀の元気モリモリなところを

いただきましょう!

 

最高に存在感がある雑穀、

一度に1種類で十分ですよ。

 

何種類も詰め込むと、

そのお皿の中はざわざわした、

まとまりのないエネルギーになるかもしれません。

 

また、一度にとっていると

どの粒がひえで、

どの粒が粟かも判断ができない。

味わいの違いもわからない。

 

これでは、食べる喜びも半減。

 

1種類をご飯にいれて炊いてみたら、

あわはこんな香りと食感

ひえはこういう特徴・・とわかります。

 

今日はこれ、今度はこれ、と

ストックしてある雑穀から

1種類をえらび入れる、

この方法を私はお勧めしています。

 

元気になりながらも思考が散漫にならない。

変に欲張りにもならない。

 

なりたい自分になるのはどんな食べ方?

材料選びから自分づくりが始まっています。

料理って最高に楽しい活動ですね^^

 

まとめ

 

雑穀はミックスしたものより、

単品をそろえて

その日に1種類を使う。

 

特に日本人に合うおすすめの雑穀は

ひえ

きび

です。

 

栄養素豊富、体を温め、強くする。

アレルギー体質の人にも良い。

プチプチ小さな粒にたくさんのパワーが。

 

玄米のときは、

玄米がスーパースターですから

無理に雑穀を淹れなくても

よいかと思います。

 

白っぽいごはんの日に入れると、

バランスがとりやすいですね!

 

今日もおいしくごはんをお召し上がりください。

 

次回は、

ご飯を最高においしく炊く方法について

お伝えしますね。

 

美味しいごはんが炊けるようになったら

料理上手の仲間入り!