女の子は冷やしちゃダメ。冬のファッション注意報

とても冷たい風がふくようになり、冷え対策のお問い合わせも

ぐっと増えました。

 

みなさま、寒くなると辛さを実感されるものですね。

 

 

スクリーンショット 2015-12-06 8.22.59

 

 

子供のころから、母に、祖母に

女の子は冷やしちゃダメよ」と言われました。

 

今では、街の若い子を見て私が心の中でそう思います。

 

短いスカートに靴下。

 

脚は鳥肌が立っています。

 

 

お洒落は我慢、という人もいますが

 

私はお洒落も好きですが 健康であること

自然な美しさが輝くことのほうが大事だと思っているので

 

冬の我慢はしないんです。

 

ストッキングのほうがセクシー、でも

分厚いタイツやスパッツ、靴下を選びます。

 

ハイヒールにミニスカートのほうが

かわいくしあがっても

ブーツやロングのキュロット等を選びます。

 

 

腰回りがもっとすっと見える・・ように

ガードルをはくのではなく

暖め強化のためにタイツの上から

ハーフパンツ(アンダーウエア、防寒用)

をはくこともあります。

 

本当に、「暖」をとること、大事ですから・・

 

 

一度冷えると少しあたためても元に戻らない。

芯から冷えると、もう他の事に集中出来ないくらいつらい。

 

なぜか、冷えると心まで寂しくなるもの。

 

この状態を作りたくないのです。

 

常に心地よく過ごし、

バランスを整え

何をするにもハイパフォーマンス!

の状態でありたい。

 

 

ですから、

冬は暖かなファッション、が第一テーマです。

 

 

セミナーでは着こなしについてもお話する時間があります。

 

 

女子高生たち、

 

素足にミニスカートをがんばり、

マフラーやニット帽で防寒しているようですが

これがいかに意味がないか。

 

脚を温めたらマフラーも帽子も不要です。

 

 

効果のないがんばり,をやめて(笑)

速攻効果がある

長く効果が続く

 

そんな方法をすぐにとりいれてみましょう。

 

また、身につけるものだけではく

身に入れるものがいかに重要か。

 

体の質、そう、体質を作る物なのか。

 

あなたが選び貴方が作れるものということも

イメージしていただきますね^^

 

あんなに冷えていた私が変われた!

とすっきりお顔色よくご報告下さる生徒様。

 

冷え体質はかなり長い習慣で作られているので、

人により変化に時間がかかることもあります。

 

でもだからこそ速く始めなくては・・

 

 

ちょっとの勘違いで崩れている程度なら

変わるのも速いです。

 

 

それから、大事なお嬢さんがいるママさんなら・・

 

ぜひ本当の冷えの恐ろしさや、暖める必要性を

知り、お子さまたちにつないでください。

 

どうか、ギャルファッションに目をつぶり冷える娘さんを

作り上げないでください。

 

一生に1個だけ、使える大切な体ですからね^^

 

あたたかい女性が増える世の中にしなくては!

 

 

体も心もほかほかの冬にしていきましょうね。

 

 

冷え女子救済セミナー 期間限定です!

http://daidokorokakumei.com/?p=345