教室講師になるには、まだ足りない?私に足りないもの症候群

教室を開業しよう!

でも・・なんだか自信がない。

 

そう思ったときによく起こるのが

「私に足りないもの症候群」

自信がないのは、何かが足りないからだと思い込む。

 

 

スクリーンショット 2015-12-01 8.14.39

それが「いろいろな知識、経験」だと思いたくさんの

スクールやサロンに通いだすこと、女性はよくしますね。

 

必要ならばいくつかのところに行き、見識を広げるのも

いいことですね。視野は確かに広がるかもしれません。

 

 

でも、

数多くの場所に少しいったことがある、のは、それほど

強みにはなりません。

 

 

いいとこどり、ちらっと試食のみ。

 

 

あなたが会社の人事だとして・・

中途採用の方を雇う場面で。

10社で働いて来た人(それぞれ1年ずつ)

と、

 

1社で10年つとめた人

どちらを信用しやすいですか?

 

 

 

まずは今を最高に

満足させる。

今にしっかり集中する事。

 

 

それを全力でやっていたら、

自分の不足分がもっと外にあるのでは?

という考えは浮かんでこないかもしれません。

 

 

外を見ている暇なんてない!

 

そのくらい、今に向き合ってみましょう。

 

 

外に自分の弱さをごまかす場所を探しても、

逃げの繰り返しになります。

 

 

もっと他にあるのでは、

もっと他にあるのでは・・・・

大事な物はいつも貴方自身の中にあります。

 

 

そろそろ、外に原因があるのでは、という

考え方から卒業!と思い当たる方は・・

 

 

私の信念とは?

しっかり考える時間を作ってみる事、お勧めします。

 

自分のことがもっとわかる!

貴方が本当にやりたい教室とは?

 

開業の夢実現ゴールデンルートセミナー

http://daidokorokakumei.com/?page_id=521