天才を作る食べ方 料理で能力開発

 

料理上手は

 

さあ、料理がすべて完成!食べましょう!

というときに

 

キッチンのシンクにあらいものがない、

のが理想です

(しばらくつけておかないと汚れが

おちない物はのぞく)

 

 

それは段取りの良さを意味します。

 

スクリーンショット 2015-10-07 7.20.29

 

これができるようになると

 

すべての行動に無駄がなくなり

頭も冴え

成功しやすくなる、と思っています。

 

ちょっとしたタイミングを見逃さない

姿勢が大事なのです。

 

お料理が苦手、という方は

たいてい

ぼーっと待つ時間、

無駄に動く時間が多いもの。

 

その間にあれとこれを洗えるな〜

ふけるな〜

片付けられるな〜

次の用意ができるな〜と

上級者になると先を読んで

どんどん行動ができるようになります。

 

 

すると同じ台所に立つ1時間でも

出来上がるお皿の数は違うはず。

 

そして洗い物も溜め込まなくなるのです。

うれしいですよね^^

 

 

今はまだそこまでいっていない!

という方も大丈夫。

 

生徒様を見ていても

のんびり、お料理されていた方が

通われているうちにテキパキ段取りよく

変身されていますよ!

 

料理以外の

仕事や趣味、様々なことが

一緒に変わっているはず・・^^

 

料理を上達させているとき

実は人生の時間の使い方

体の動かし方

いろんなことを変えている最中なんですよね^^

 

 

 

台所からすぐに自分革命したい人はスタートクラス!

http://daidokorokakumei.com/?page_id=505

 

その前にワンデーでワンテーマをお勉強、

「働く女性のフードプランニングセミナー」もあります。

http://daidokorokakumei.com/?p=724